ビーグレンの美容液の特徴

ビーグレン 美容液

ビーグレンの美容液CセラムはピュアビタミンC(アスコルビン酸)をそのまま美容液にしたタイプです。

ビタミンC誘導体全般よりも抗酸化力が強く、殺菌作用があります。しかし、ビタミンCの欠点である、皮膚に浸透しにくい破壊されやすい、肌への刺激が強いという課題をクリアーしなければ効果は期待出来ませんし、不安です。ちなみに、ビタミンC誘導体も吸収率が高いと言われていますが実は科学的根拠はないのです。

それでは、一体ビタミンC誘導とビタミンCどちらが良いのでしょうか?

それは個人によって効果は変わりますし、ビタミンC誘導の方が優れている所もやはりあるでしょうから、回答には困ります。こればっかりは残念ながら実際使用してみて比べてみなければ分かりませんが、ビーグレンの美容液は同じアメリカの美容液Obagi Cという比較的知名度が高い美容液から乗り換える人が多いです。

その理由は医薬品にも使われる国際特許のドラッグデリバリーテクノロジー(皮膚浸透技術)が使われており、皮膚に浸透しているという実感が自分で感じられるからではないでしょうか?

ピュアビタミンC(アスコルビン酸)を試すならビーグレンの美容液 浸透の実感!今までに体験したことがない効果の早さ。バイオ基礎化粧品b.glen

ビーグレンの美容液全成分

ビーグレン 美容液

PG、L-アスコルビン酸、レシチン(大豆由来)、ポリアクリルアミド、C13-14,イソパラフィン、ラウレス-7

ビーグレンの美容液の有効成分はピュア・ビタミンC(L-アスコルビン酸)です。

しかも、ビタミンCの成分自体が酸性で殺菌効果があるため、他の保存料が必要ではないのです。

気になる濃度は7.5%です。b.glen Cセラムは前述の浸透技術の使用で、7.5%でも高い効果が実証されています。

以下のような方に特におすすめします

シミを薄くしたい

シワやたるみをなくしたい

くすみをとって明るい肌にしたい

ニキビのないなめらかな肌にしたい

透明感のある肌にしたい

ビーグレンの美容液はどのような肌質でもOK

ビーグレンの美容液はピュアビタミンC(アスコルビン酸)の美容液なので刺激が気になる方がいると思いますがすべての肌タイプの方がお使いになれます。

しかし、ビーグレンの美容液には過剰な皮脂分泌を抑える働きがありますので、乾燥肌の方がお使いになった場合、乾燥を助長させることもございます。

そういう場合は、Cセラムの量を少なめにして、ローションやコラーゲン保湿ゲル、アンチエイジングクリームなどで保湿を強化することをお薦めいたします。

また、お肌が敏感になっている時に使用された場合、ヒリヒリ感を感じることもあります。Cセラムの前にコラーゲン保湿ゲルをお付けいただくと、刺激が緩和されますのでお試しください。

ビーグレンの美容液注意点

ピュアビタミンCは、紫外線によって破壊されやすい上、変色してしまう性質がありますので、日中使用される場合は、しっかりと紫外線対策を行ってください。どうしても日中外出が多い方は、夜だけたっぷりとご使用していただく方法がよろしいかもしれません。

また、他社製品との併用をする場合、Cセラムの浸透を妨げる可能性がありますので、油分の多い乳液やクリームより先にお使いになれば良いです。

ビーグレン概要

b.glen製品は無香料

ビーグレンの美容液CセラムはピュアビタミンC(アスコルビン酸)

医薬品にも使われる国際特許のドラッグデリバリーテクノロジー(皮膚浸透技術)

Obagi Cから乗り換え

ビタミンCの成分自体が殺菌効果

ビーグレン美容液Cセラムに油分は入っていない

ビーグレン美容液Cセラムをつけると、温かくなるのは血行が良くなっているため

ビタミンC濃度の高すぎる製品は、肌への刺激が強いために、両刃の剣となる

ビタミンC自体は水溶性の成分

Copyright © 2009 ビーグレン 美容液はここが違う· All Rights Reserved·